野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

韓国、WBC開幕戦で本戦初出場イスラエルに敗れる波乱 2大会連続1次R敗退危機

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で準優勝経験もある韓国は6日、韓国・高尺スカイドームで行われた第4回大会開幕戦、1次ラウンドA組イスラエル戦で延長10回の末に1-2で敗れた。A組には強豪オランダらも入っており、2大会連続の1次ラウンド敗退の可能性も出てきた。

20170306_seung-hwan

延長10回に競り負ける

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で準優勝経験もある韓国は6日、韓国・高尺スカイドームで行われた第4回大会開幕戦、1次ラウンドA組イスラエル戦で延長10回の末に1-2で敗れた。A組には強豪オランダらも入っており、2大会連続の1次ラウンド敗退の可能性も出てきた。

世界一奪回へどう戦うべきか 名将・岡田彰布氏が見る「小久保ジャパン」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日は2回に先発チャン・ウォンジュンが2死満塁から押し出し四球で先制点を献上。打線も相手先発のメジャー124勝右腕J・マーキーの前に3回を無得点に封じられるなど、4回までスコアボードに「0」が並んだ。

 5回には1死一、二塁から2番ソ・ゴンチャンがレフトへタイムリーをマークし、同点としたものの、その後は決定打が出ず。元阪神のオ・スンファンら救援陣も踏ん張り、1-1と均衡した状況が続いたが、延長10回にイム・チャンヨンがS・バーチャムにタイムリー内野安打を浴び、競り負けた。

 WBC常連国が初出場イスラエルに敗れる波乱。ただ、イスラエルはメジャー経験豊富な選手を擁しており、“台風の目”となる可能性もあった。A組は強豪オランダ、台湾も虎視眈々と2次ラウンド進出を狙う。韓国は前回1次ラウンドで大会を去っており、2大会連続で敗退となる危機に立たされた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング