野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパンの二塁・菊池が美技で先発石川を救う 初回にピンチ招くも無失点

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。初回にピンチを迎えるも、菊池涼介内野手(広島)の美技が飛び出し、無失点で切り抜けた。

一二塁間への強いゴロを好捕しダブルプレーに仕留める

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。初回にピンチを迎えるも、菊池涼介内野手(広島)の美技が飛び出し、無失点で切り抜けた。

世界一奪回へどう戦うべきか 名将・岡田彰布氏が見る「小久保ジャパン」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 先発石川の立ち上がり。先頭サントスのピッチャー返しをグラブに当てるも捕球できず、遊撃内野安打で出塁を許す。さらに、続くアヤラの三ゴロを松田がまさかのエラー。ボールを落とし、慌てて一塁に送球するも間に合わず、出塁を許した。

 東京ドームに不穏な空気が漂ったが、日本一の守備の名手が救った。続くセペダの一二塁間への強いゴロを菊池が滑り込みながら捕球。すぐに立ち上がって、二塁に入った坂本へ送球した。坂本の送球を一塁・中田がめいっぱい体を伸ばして捕球しダブルプレー。場内が大歓声に包まれるファインプレーだった。

 石川は続くデスパイネにフルカウントから四球を与えるも、5番サードベラは三ゴロ。失策した松田は今度は軽快にさばいて3アウトとし、無失点で切り抜けた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング