野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、2回に松田と小林の連打で好機作るも…青木凡退で追加点ならず

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。2回に松田宣浩内野手(ソフトバンク)、小林誠司捕手(巨人)の連打などでチャンスを作ったが、青木宣親外野手(アストロズ)は投ゴロに倒れて追加点はならなかった。

20170307_kobayashi

2死満塁のチャンスで投ゴロに倒れる

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。2回に松田宣浩内野手(ソフトバンク)、小林誠司捕手(巨人)の連打などでチャンスを作ったが、青木宣親外野手(アストロズ)は投ゴロに倒れて追加点はならなかった。

世界一奪回へどう戦うべきか 名将・岡田彰布氏が見る「小久保ジャパン」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回に筒香のタイムリーで1点を先制した日本は2回、1死から松田がセンター前ヒットで出塁。続く小林はバントを試みるも、2球続けてファウルとなった。しかし、5球目で松田が二盗に成功。さらに、小林はセンター前に運んで1死一、三塁とチャンスを広げた。

 キューバはここで早くも先発エンテンザを諦め、左腕イエラにスイッチ。続く山田は三ゴロに倒れ、飛び出した三塁走者の松田がアウト。しかし、菊池は四球を選び2死満塁とする。

 ここで、初回2死から二塁打を放ち、筒香の先制タイムリーを呼び込んだ青木が打席へ。しかし、打球はベース手前で高く弾むゴロに。ピッチャーのイエラが一塁へ送球すると、青木はわずかに及ばずアウトとなり、追加点はならなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中