野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・青木がフェンスに激突しながら美技も…犠飛で同点に追いつかれる

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。3回に青木宣親外野手(アストロズ)の美技が飛び出すも、犠飛となって同点に追いつかれた。

石川を救うビッグプレーで逆転は許さず

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。3回に青木宣親外野手(アストロズ)の美技が飛び出すも、犠飛となって同点に追いつかれた。

 3回、先発石川が先頭のセスペデスに二塁打を浴びると、犠打で1死三塁とされる。ここでアヤラの大飛球が右中間へ。青木はフェンスに背中をぶつけながらジャンピングキャッチ。タッチアップしたセスペデスは生還したが、抜けていれば、さらに逆転を狙うキューバの得点機となる場面だっただけに、石川を救うビッグプレーとなった。石川は続くセペダを三振に仕留めた。

 初回に筒香の先制打を呼び込む二塁打を放った青木は、2回2死満塁の好機で投ゴロに倒れていた。チャンスを生かすことはできなかったが、直後の守備でチームを救った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」