野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・青木が美技連発! スーパーキャッチに東京ドームはどよめきと大歓声

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。青木宣親外野手(アストロズ)が美技を連発し、先発の石川歩投手(ロッテ)を救った。

4回に体を投げ出すようにジャンピングキャッチ、初回には二塁打で筒香の先制打を演出

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。青木宣親外野手(アストロズ)が美技を連発し、先発の石川歩投手(ロッテ)を救った。

 まずは3回、1死三塁でアヤラの大飛球が右中間へ飛ぶと、青木はフェンスに背中をぶつけながらジャンピングキャッチ。タッチアップしたセスペデスは生還し、同点となったが、石川を救うビッグプレーとなった。

 さらに4回、今度は1死から4番サードベラのセンターへの強烈なライナーを背走。最後は体を投げ出すようにジャンプして打球をもぎ取り、そのまま後方に倒れ込んだ。サードベラが打った瞬間にざわめいた東京ドームは、青木がキャッチすると、どよめきと大歓声に。スクリーンで映像が再生されると再びどよめきに包まれ、この回のキューバの攻撃が終わって青木がベンチに戻る際には大きな拍手が沸き起こった。

 チーム唯一のメジャーリーガーは、初回には二塁打で筒香の先制打を演出。攻守で輝きを放っている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」