野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・中田が足で魅せた 四球から二盗→坂本の適時打で生還し2点差に広げる

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。1点リードの5回に四球で出塁した中田翔内野手(日本ハム)が二盗を決め、坂本の適時二塁打を呼び込んだ。

20170307_nakata

日ハム主砲が思わぬ“武器”で日本に追加点をもたらす

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。1点リードの5回に四球で出塁した中田翔内野手(日本ハム)が二盗を決め、坂本の適時二塁打を呼び込んだ。

世界一奪回へどう戦うべきか 名将・岡田彰布氏が見る「小久保ジャパン」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 5回、中田は1死からストレートの四球で出塁。すると、続く坂本への2球目でスタートを切った。投球はワンバウンドとなり、盗塁は楽々成功。東京ドームが大きく沸いた。

 坂本は続く3球目で三塁線を破る二塁打。中田は二塁から激走して生還した。日本ハムの主砲が走塁という思わぬ“武器”でかき回し、坂本が勝負強い打撃を見せて日本がリードを2点に広げた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング