野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

初陣勝利の侍・小久保監督は冷静「今日のことは終わりなんで。また明日」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は7日、侍ジャパンがキューバに11-6で勝利した。小久保裕紀監督は試合後、監督インタビューに応じ「独特の緊張感でスタートしました。初回に菊池のプレーが大きかったですね」とコメント。初回の無死一、二塁のピンチで二塁の菊池がセペダの強い打球を好捕し、併殺を奪うなど無失点に切り抜けた職人の守備を称えた。

キューバを撃破…1次R突破へ3連勝を宣言「全部勝って行かないといけない」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は7日、侍ジャパンがキューバに11-6で勝利した。小久保裕紀監督は試合後、監督インタビューに応じ「独特の緊張感でスタートしました。初回に菊池のプレーが大きかったですね」とコメント。初回の無死一、二塁のピンチで二塁の菊池がセペダの強い打球を好捕し、併殺を奪うなど無失点に切り抜けた職人の守備を称えた。

 試合前に選手たちには「当然は緊張する。その緊張する中で常に冷静になれる部分を(持とう)と話した」という。ホームとはいえ国際大会の初戦。重苦しい緊張感が漂う中での大ピンチにもかかわらず、菊池は落ち着いてボールを裁き、小久保監督の言葉を体現した。菊池だけでなく、中堅の青木も攻守で貢献するなど、光るプレーは随所にあった。

 打線のことを「信じている」と言い続けてきた小久保監督。攻撃陣は14安打11得点。8番に起用した松田が本塁打を含む、4安打の活躍。大事な初戦をとったが「今日のことは終わりなんで。また明日です。全部勝って2次ラウンド行かないといけない。明日も頑張ります」と気を引き締め、8日のオーストラリア戦に視線を向けていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング