野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB工藤監督、宿敵日ハムに敗戦も収穫強調「本番になれば打線に厚み出る」

ソフトバンクの工藤公康監督が収穫を口にした。7日、今季初のヤフオクドームでの試合となった日本ハムとのオープン戦。昨季苦汁をなめさせられた相手との今季初対戦は2-3で敗れたものの、「ああいう形で連打で1点を取れたのは大きい。本番になれば、打線に厚みが出る。あれを続けてくれれば、点は取れる」と前向きに語った。

ハム新戦力・村田に3回零封も「見られたことが良かった」

 ソフトバンクの工藤公康監督が収穫を口にした。7日、今季初のヤフオクドームでの試合となった日本ハムとのオープン戦。昨季苦汁をなめさせられた相手との今季初対戦は2-3で敗れたものの、「ああいう形で連打で1点を取れたのは大きい。本番になれば、打線に厚みが出る。あれを続けてくれれば、点は取れる」と前向きに語った。

 指揮官が振り返ったのは初回だ。1死から今宮健太が右前安打で出塁し、中村晃が右中間を破る適時二塁打を放って1点を挙げた。追加点とはならなかったが、続く吉村も左前安打で続き、3連打で高梨の立ち上がりを攻め立てた。

 4回からは、宿敵に新たに加わった村田が登板。3回を無安打無得点に封じられたものの、「見られたことが良かったと思います。低めに集められたら、そうそう打てない」と、初対戦となった右腕を試合で目の当たりに出来たことを収穫に挙げた。本拠地の初戦は、黒星スタートとなったが、工藤監督にとっては実りあるものになったようだ。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」