野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “先生”は田中将大!? 日本語習得挑戦のヤンキース日系米国人捕手が話題に

“先生”は田中将大!? 日本語習得挑戦のヤンキース日系米国人捕手が話題に

ヤンキースでキャリア初めて40人のロースター入りを果たした日系米国人選手と田中将大投手ら日本人との“絆”が現地で話題となっている。米紙「ニューヨーク・タイムズ」電子版が伝えている。

「日本語話せる捕手へ」ヤンキース若手有望株が挑戦

 ヤンキースでキャリア初めて40人のロースター入りを果たした日系米国人選手と田中将大投手ら日本人との“絆”が現地で話題となっている。米紙「ニューヨーク・タイムズ」電子版が伝えている。

2大会ぶりのWBC制覇へ――過去2大会でコーチを務めた緒方耕一氏が見る日本の強みと課題(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今回の特集で注目を浴びているのはカイル・ヒガシオカ捕手。2008年のドラフトでヤンキースから7巡目指名を受けた、26歳の有望株だ。

 昨季のマイナーでの活躍を経て初めて40人のロースター入りが実現。現在、スプリングトレーニングに参加中で、6日(日本時間7日)時点でオープン戦6試合で7打数4安打1本塁打、1打点、打率.571と勝負強い打撃を見せている。

 記事ではヒガシオカが日系米国人4世であることを紹介。本人は父親から日本語を習得するようプレッシャーをかけられてきたことを明かしており、「この春、ついに挑戦したほうがいいかなって思ったんだ」と語っている。その理由について記事では、ヤンキース投手陣に日本人エースがいること、また将来的に大谷翔平(日本ハム)が加入する可能性があることに言及しており、本人も「日本語が話せるキャッチャーがいるのは、ヤンキースにとって有益になると思ったんだ」と語っているという。

人気記事ランキング