野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「自分が正しいと証明しろ」 白星発進の侍戦士を奮い立たせた青木の言葉

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦し、11-6で勝利した。松田宣浩内野手(ソフトバンク)が3ラン含む4打点、筒香嘉智外野手(DeNA)が2ラン含む3打点を挙げるなど打線が爆発した中、チームを牽引したのが最年長の青木宣親外野手(アストロズ)だ。筒香の先制打を呼ぶ二塁打、中堅での2つの美技と攻守両面で存在感を見せただけでなく、精神的支柱としても大きな役割を果たした。

試合前のミーティングで選手を鼓舞、2つの美技に「プレーで引っ張っていきたい」

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦し、11-6で勝利した。松田宣浩内野手(ソフトバンク)が3ラン含む4打点、筒香嘉智外野手(DeNA)が2ラン含む3打点を挙げるなど打線が爆発した中、チームを牽引したのが最年長の青木宣親外野手(アストロズ)だ。筒香の先制打を呼ぶ二塁打、中堅での2つの美技と攻守両面で存在感を見せただけでなく、精神的支柱としても大きな役割を果たした。

 初回、青木は2死走者なしで左翼フェンス直撃の二塁打。続く筒香の右前打で先制のホームを踏んだ。さらに、守備では1点リードの3回1死三塁でアヤラの大飛球をフェンスに激突しながら好捕。同点犠飛にはなったものの、ヒットならばその後の先発・石川の投球に影響が出ていた可能性もあっただけに、ビッグプレーだった。

 さらに、4回1死では5番サーベドラの頭上を襲う痛烈なライナーを背走しながらキャッチ。最後は体を投げ出すようにジャンプしてもぎ取った。「ああいう見栄えのいいプレーになったから何となくみんなも盛り上がった。ただ、自分だけじゃなくてみんな必死にやっている。こういう大舞台ですから、ああいうワンプレー、ワンプレーが大事になってくるし、捕れて良かったです。もちろん、プレーで引っ張っていきたい。本当にいいゲームだった」。試合後には満足げに振り返った。

 プレーだけでなく、精神面での“リーダー”としてもチームを力強く引っ張った。試合前のミーティング。重要な初戦を前に、緊張感を漂わせるナインに対して、ある言葉をかけた。「Prove yourself right」――。青木は言う。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬