野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

開幕1軍生き残りへ、ソフトB笠原「必死」アピール 狙い通りの三振斬りも

ソフトバンクの笠原大芽投手が、開幕1軍争いに踏みとどまった。7日の日本ハムとのオープン戦(ヤフオクD)に8回から5番手で登板すると、危なげなく3者凡退に切って取った。先頭の渡辺を右飛、横尾を三ゴロに打ち取ると、左打者の森山から外角低めへのスライダーで空振り三振を奪い「狙い通りでした」と頷いた。

20170227_kasahara

日ハム戦で1回零封好投

 ソフトバンクの笠原大芽投手が、開幕1軍争いに踏みとどまった。7日の日本ハムとのオープン戦(ヤフオクD)に8回から5番手で登板すると、危なげなく3者凡退に切って取った。先頭の渡辺を右飛、横尾を三ゴロに打ち取ると、左打者の森山から外角低めへのスライダーで空振り三振を奪い「狙い通りでした」と頷いた。

 2イニングを投げた4日のヤクルト戦(鹿児島)では、1イニング目に3者連続空振り三振を奪いながら、2イニング目は6長短打を浴びて一挙に5点を失った。この日は生き残りをかけたマウンドだっただけに「あんなピッチングは出来ないので必死で投げました」。

 左の中継ぎとして、台頭が期待される笠原。名誉挽回に成功し、何とか開幕1軍の座を掴み取りたいところだ。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング