野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

V戦士・岩村明憲氏がWBC侍J初戦に見た課題と収穫「あらためて足は大事」

待望の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が、ついに開幕した。野球日本代表「侍ジャパン」は7日、1次ラウンド初戦でキューバと対戦。両軍合わせて25安打17得点の乱打戦を11-6で制し、白星スタートを切った。

20170308_iwamura

捕手・小林に期待込めて檄「学びながら次の試合で成長を」

 待望の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が、ついに開幕した。野球日本代表「侍ジャパン」は7日、1次ラウンド初戦でキューバと対戦。両軍合わせて25安打17得点の乱打戦を11-6で制し、白星スタートを切った。

 本番に向けての強化試合で懸念されていた打線が目覚め、松田宣浩内野手(ソフトバンク)が今大会の侍ジャパン1号3ランを含む4安打4打点、4番・筒香嘉智外野手(DeNA)は先制点でチームを勢いづけ、7回にはダメ押しの2ランを右中間席に叩き込んだ。一方、盤石かと思われた投手陣は、初戦の緊張もあってか高めにボールが浮くことが多く、キューバ打線に6点を奪われる結果に。

 2大会ぶりの優勝を目指す小久保ジャパンは初戦勝利を飾ったが、第1回、第2回WBC優勝メンバーで、現在はルートインBCリーグ福島ホープスで選手兼監督を務める岩村明憲氏は、どう見るのか。WBCの持つ計り知れないプレッシャー、初戦が持つ独特の雰囲気を知る岩村氏は「まずは勝ってよかった。初戦を勝てたら、これほど気持ち的に楽なことはない。これはデカイね」と切り出した。

「初回に先制点を奪われそうな場面で、菊池(涼介)が見事な守備で防いでくれた。あのゲッツー(併殺プレー)はチームだけじゃなくて日本の野球ファンを勇気づけてくれたよ。あのプレーがあったから、1回裏の青木(宣親)、筒香の先制点につながったね」

 戦前は打線の得点力不足を心配する声が上がっていたが、岩村氏は「強化試合と本番は気持ちの入り方が違う。大丈夫。本番になれば打線は心配ない」と繰り返していた。その言葉通り、キューバ戦では先発野手全員が出塁し、山田哲人内野手(ヤクルト)を除く8人が生還を果たしている。ようやくつながった打線の中で、岩村氏が一番のポイントに挙げるのが、5回に中田翔内野手(日本ハム)が決めた盗塁だ。

人気記事ランキング