野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・菅野、65球超え5回途中ピンチで降板も…岡田が併殺で切り抜け無失点

野球日本代表「侍ジャパン」は8日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦でオーストラリア(19時開始、東京ドーム)と対戦。先発・菅野は2回に先制ソロを浴びたものの、その後は好投。5回途中に1次ラウンドの球数制限に設定されている65球を超えたため、1死一、二塁のピンチで66球で降板となった。しかし、2番手・岡田がピンチを切り抜け、勝ち越しは許さなかった。

20170308_sugano3

4回1/3を4安打1失点、5回は相手打者に粘られて65球をオーバーも…

 野球日本代表「侍ジャパン」は8日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦でオーストラリア(19時開始、東京ドーム)と対戦。先発・菅野は2回に先制ソロを浴びたものの、その後は好投。5回途中に1次ラウンドの球数制限に設定されている65球を超えたため、1死一、二塁のピンチで66球で降板となった。しかし、2番手・岡田がピンチを切り抜け、勝ち越しは許さなかった。

 初回は1死からベレスフォードに左前打を許すも、後続を断って無失点。2回は先頭のケネリーを坂本の失策で出したが、ウェルチを二ゴロ併殺打に仕留めて2死走者なしとした。しかし、続くデサンミゲルに1ボール2ストライクから外角へのスライダーをライトに運ばれた。東京ドームの右翼席最前列に飛び込むソロ本塁打で先制を許した。

 3回は8球で3者凡退に抑える快投。しかし、侍ジャパン打線も3イニング連続3者凡退と相手先発アサートンに抑え込まれる。菅野は4回、先頭ヒューズの左前打などで1死二塁とされるも、ケネリー、ウェルチを連続三振に仕留めてピンチを切り抜けた。

 5回、沈黙していた侍打線は坂本の二塁打を口火に好機を作り、松田の犠飛で同点に追いつく。その裏、48球でマウンドに上がった菅野は、先頭打者に死球を与えるも、オールティエンは空振り三振に仕留める。

 続くハーマンは2球で追い込んだが、ここからファウルで粘られる。8球目のファウルで1次ラウンドの球数制限である65球に到達。この打者を打ち取るまで投げられるため、そのまま続投したが、最後は66球目のスライダーを三遊間に運ばれ、坂本が懸命に食らいつくも内野安打。1死一、二塁とピンチを広げられたところで無念の降板となった。

 ここで左腕・岡田が登板するも暴投とストレートの四球で1死満塁に。続く打者も2ボールとなったが、3球目でニゴロ併殺打に仕留め、無失点で切り抜けた。菅野は4回1/3を投げて4安打1失点4奪三振1死球の成績だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中