野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍の先発・菅野、5回途中1失点で味方に感謝「バックの守備にも助けられた」

野球日本代表「侍ジャパン」は8日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦でオーストラリア(東京ドーム)と対戦。先発・菅野は2回に先制ソロを浴びたものの、その後は好投。5回途中に1次ラウンドの球数制限に設定されている65球を超えたため、1死一、二塁のピンチで66球で降板となった。しかし、2番手・岡田がピンチを切り抜け、勝ち越しは許さなかった。

5回は相手打者に粘られて球数制限オーバーも「良いステップが踏めた」

 野球日本代表「侍ジャパン」は8日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦でオーストラリア(東京ドーム)と対戦。先発・菅野は2回に先制ソロを浴びたものの、その後は好投。5回途中に1次ラウンドの球数制限に設定されている65球を超えたため、1死一、二塁のピンチで66球で降板となった。しかし、2番手・岡田がピンチを切り抜け、勝ち越しは許さなかった。

 初回を無失点に抑えた菅野は2回、2死からデサンミゲルにスライダーを東京ドームの右翼席最前列に運ばれ、先制点を許した。しかし、3、4回は無失点。沈黙していた打線も5回に松田の犠飛で同点に追いついた。

 だが、その裏、菅野は1死一塁で菅野でハーマンに粘られ、1次ラウンドの球数制限である65球に到達。最後は66球目のスライダーを内野安打とされ、1死一、二塁で無念の降板となった。それでも、2番手の左腕・岡田が最後は1死満塁のピンチでニゴロ併殺打に仕留めて無失点。菅野は4回1/3を投げて4安打1失点4奪三振1死球の成績だった。

 降板後は「ストライク先行でいけました。昨日のキューバ同様、振ってくることがわかっていたので、打たれながらも要所をしめることを目標に投げました。バックの守備にも助けられた場面もたくさんありました。次に向けて、良いステップが踏めたのではと思います」とコメントした。

 日本は7回に中田のソロ本塁打で勝ち越しに成功した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング