野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • オランダ、珍勝! “打ち直し”でサヨナラ押し出し四球、2次R進出

オランダ、珍勝! “打ち直し”でサヨナラ押し出し四球、2次R進出

WBCの1次ラウンド(R)A組は8日、オランダが台湾を6-5で下した。シーソーゲームを制し、初出場のイスラエルとともに2連勝で1次R突破を決めた。敗れた台湾は韓国とともに開幕2連敗で1次R敗退が決まった。

20170308_netherlands

オランダ側のタイムに気づかず台湾側が投球、右飛もノーカウント…直後にサヨナラ押し出し

 WBCの1次ラウンド(R)A組は8日、オランダが台湾を6-5のサヨナラで下した。シーソーゲームを制し、初出場のイスラエルとともに2連勝で1次R突破を決めた。敗れた台湾は韓国とともに開幕2連敗で1次R敗退が決まった。

WBC初出場初先発の田中、1番として“満点”の活躍 「準備だけはしないといけない」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 最後は珍しい幕切れで、オランダの2次R進出が決まった。

 5-5で迎えた無死満塁。打者・プロファーの場面で、オランダ側がタイムをかけた。しかし、台湾投手のチェン・ホンウェンはタイムに気づかず投球。これを打者・プロファーも打ち返した。打球は浅いライトフライとなった。

 台湾はピンチをまずは一つ切り抜けたかと思いきや、直後に事態は急変。球審がタイムがかかっていたとし、右飛をノーカウントでプレーを続行。台湾側の監督も確認したが、判定は変わらなかった。

 これで動揺したのか、マウンドのチェンはカウントを悪くし、フルカウントからサヨナラ押し出し四球を出した。これによってオランダの2次R進出が決まり、台湾の1次R敗退が確定した。

 試合は両者譲らず、逆転に次ぐ逆転の好ゲームだったが、最後はなんとも微妙な空気で結末を迎えてしまった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング