野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 屈辱のアジア勢 韓国、台湾、中国が敗退…史上初の“日本以外1次R全滅”

屈辱のアジア勢 韓国、台湾、中国が敗退…史上初の“日本以外1次R全滅”

第4回WBCの1次ラウンド(R)B組は9日、中国が豪州と1敗同士で対戦。0-11の8回コールド負けで1次R敗退が決まった。これにより、すでに2勝を挙げている侍ジャパンは4大会連続の2次R進出が決定。反対にアジア勢は中国、A組の韓国、台湾とほか3か国が全滅した。日本以外がすべて1次R敗退するのは、史上初となった。

中国の敗退で日本以外3か国が総崩れ…欧州の新星イスラエルと対照的な停滞ぶり

 第4回WBCの1次ラウンド(R)B組は9日、中国が豪州と1敗同士で対戦。0-11の8回コールド負けで1次R敗退が決まった。これにより、すでに2勝を挙げている侍ジャパンは4大会連続の2次R進出が決定。反対にアジア勢は中国、A組の韓国、台湾とほか3か国が全滅した。日本以外がすべて1次R敗退するのは、史上初となった。

 アジア勢にとって、屈辱的な結末だった。韓国、台湾に続き、中国の1次R敗退が決定。日本以外のアジア勢が全滅となった。4大会目にして、初の事態だ。

 負の先陣を切ってしまったのは、A組の韓国だ。6日の初戦でイスラエルに延長10回の末に敗戦した。続くオランダ戦も敗れ、同組の台湾とともに開幕2連敗。09年大会で日本との伝説の死闘の末に準優勝を果たしたが、今大会は最終戦を待たずして2大会連続の1次R敗退が決定。初出場のイスラエル、前回4強のオランダに悠々と2次R切符を明け渡す憂き目に遭った。

「史上最弱」との前評判もあった韓国は、低い評価を覆すことができず。初の地元開催ながら、地元メディアには「忘れたい大会になった」などと失望をもって伝えられた。勝った方が次大会の本戦出場権を得る8日の台湾戦は最大6点のリードを追いつかれながら、延長戦で辛くも勝利して3位を確保した。初の次大会予選R降格こそ回避したが、初の自国開催は寂しい結果に終わった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬