野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 巨人マシソン、ドミニカ強力打線に1失点 カナダ内野陣に守備の乱れ

巨人マシソン、ドミニカ強力打線に1失点 カナダ内野陣に守備の乱れ

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールCが9日(日本時間10日)、米国・マーリンズパークで初戦を迎え、巨人に所属するカナダ代表のスコット・マシソンがドミニカ共和国戦の7回に6番手として登板し、1安打1四球1失点だった。

20170310_canada

カナダ代表マシソンがドミニカ共和国戦6番手で登板

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールCが9日(日本時間10日)、米国・マーリンズパークで初戦を迎え、巨人に所属するカナダ代表のスコット・マシソンがドミニカ共和国戦の7回に6番手として登板し、1安打1四球1失点だった。

 カナダは前回王者に6回まで2-8と6点リードを許す展開。その劣勢の中、マシソンは7回からマウンドに上がった。先頭のベルトレに四球を与えると、ポランコには右前に落ちるヒットを浴びて無死一、二塁に。ここでカスティーヨをショートゴロに打ち取るもショートがファンブルして併殺を奪えず。さらに1死一、三塁からJ・レイエスをセカンドゴロに打ち取ったが、ここでも守備に乱れが生じ、一塁悪送球で9点目を奪われた。それでもマシソンは2死三塁でマチャドを二ゴロに打ち取ってこの回を1失点で切り抜けた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中