野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2戦連発の侍・筒香が1次RのMVP獲得! 打率.364、5打点、4番の働きで牽引

野球日本代表「侍ジャパン」は10日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド(R)第3戦(東京ドーム)で中国を7-1で下し、3連勝のB組1位で2次R進出を決めた。B組の1次R・MVPには侍ジャパンの筒香嘉智外野手が選出。3試合ともに4番に座り、初戦から2戦連発を含め、11打数4安打、打率.364、2本塁打、5打点。2次R進出の大きな原動力となった。

1次R・B組のMVP、2試合続けてダメ押し2ランで2次R進出の原動力

 野球日本代表「侍ジャパン」は10日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド(R)第3戦(東京ドーム)で中国を7-1で下し、3連勝のB組1位で2次R進出を決めた。B組の1次R・MVPには侍ジャパンの筒香嘉智外野手が選出。3試合ともに4番に座り、初戦から2戦連発を含め、11打数4安打、打率.364、2本塁打、5打点。2次R進出の大きな原動力となった。

 これぞ、4番という1次Rの働きぶりだった。

 初戦のキューバ戦は初回の第1打席で右前タイムリー。侍ジャパンに今大会初得点をもたらし、打線を活気づけると、3点リードの7回には右越え2ランでダメ押し。2安打3打点をマークした。

 続くオーストラリア戦は第3打席まで2三振と凡退しながら、1点リードの8回に右翼へ2戦連発となるダメ押し2ラン。小久保監督を「さすが、ニッポンの4番」と言わしめる活躍で開幕2連勝をもたらした。

 この日は3打数1安打で7回の守備から退いた。12日から始まる2次Rでも、不動の4番として侍打線を牽引していく。

【筒香の1次R成績(カッコ内は打点)】

○キューバ戦 4打数2安打3打点

右安(1)、一ゴ、左直、四球、右本(2)

○オーストラリア戦 4打数1安打2打点

三振、遊ゴ、三振、右本(2)

○中国戦 3打数1安打0打点

右安、遊ゴ、一ゴ

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング