野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オランダ、12日侍戦へ“超警戒態勢” 先発投手明かさず「21時に発表される」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦(12日)で野球日本代表「侍ジャパン」と対戦するオランダが11日、東京ドームで前日練習を行った。先発はソフトバンクのリック・バンデンハーク投手が予想されているが、現役時代にヤクルトでプレーしたヘンスリー・ミューレンス監督は「(先発が誰かは)夜になったら分かる」と“警戒”。予告先発制度にもかかわらず公式会見の時点では明かさず、日本戦の勝利に全力を尽くす構えだ。

20170307_van-den-hurk2

2次R初戦で日本と対戦、ソフトB・バンデンハークの先発が予想されるも…

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦(12日)で野球日本代表「侍ジャパン」と対戦するオランダが11日、東京ドームで前日練習を行った。先発はソフトバンクのリック・バンデンハーク投手が予想されているが、現役時代にヤクルトでプレーしたヘンスリー・ミューレンス監督は「(先発が誰かは)夜になったら分かる」と“警戒”。予告先発制度にもかかわらず公式会見の時点では明かさず、日本戦の勝利に全力を尽くす構えだ。

 東京ドームでの約1時間半のトレーニングをリラックスした様子でこなしたオランダ代表。前日会見も、ザンダー・ボガーツ(レッドソックス)、ジョナサン・スクープ(オリオールズ)、ディディ・グリゴリアス(ヤンキース)とメジャーの一流内野手が並んだ会見は穏やかな雰囲気で行われた。だが、先発投手の話になると、ミューレンス監督、そしてバンデンハークは“ピリピリムード”に包まれた。

 まずは、練習中にグラウンド上で日本のメディアに囲まれたバンデンハーク。「日本戦で先発する可能性もあるが?」と聞かれると「チャンスはあるが、投げるかどうかは分からない。監督に聞いてみないと」と煙に巻いた。一方で、知り尽くした選手が並ぶ日本の打線については「ラインアップのバランスはいい。1人1人に対してアプローチしたい」と言及。日本でプレーしていることがどのように影響するかを質問されると、「韓国戦と同じで、私も彼らを知っているけど、彼らも私を知っている」と慎重に話した。

人気記事ランキング