野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1安打も7四死球の松坂大輔に工藤監督「いいボールもあった」、次回登板に期待

ソフトバンクの工藤公康監督が、松坂大輔投手に次回も登板機会を与えることを明言した。

工藤監督が松坂に次回登板機会明言「いい回はある。それを続けられるように」

 ソフトバンクの工藤公康監督が、松坂大輔投手に次回も登板機会を与えることを明言した。

 11日、中日とのオープン戦に先発した右腕。4回2/3を投げ、1安打に抑える一方で7つの四死球を与えて2失点。試合後、指揮官は「今日は暴れていた。いい回はあるんだけどね。それをうまく続けられるように、次の登板に向けて調整してほしい」とした。

 この日の松坂は初回、大島の中前安打と自らの牽制悪送球、そしてワイルドピッチで1点を失い、2つの四球も与えた。だが、2、3回はともに3者凡退に封じ、3つの三振も奪った。4回は無死から2つの四球を与えたが、後続を抑えて無失点。5回は先頭の京田に四球、大島に死球、さらにゲレーロにも死球を与えた。2死満塁で球数が95球となったため、降板し、2番手の笠原大芽が押し出し四球を与えたため、1点を失った。

 浮き沈みの激しい内容に、工藤監督は「抜けるようなボール、引っかかるボールがね……。全てではないんだよ。いいボールもあった。その感じを忘れないようにやってほしい」と求めた。このままの登板スケジュール通りにいけば、次回の登板は18日の西武戦(メットライフ)となる。開幕ローテ入りへ、ラストチャンスとなるであろう次回登板。古巣相手、かつての本拠地のマウンドで、いかなる投球を見せるだろうか。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」