野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

休養明けの侍・青木は上々 強敵オランダ戦へ“金言” 「今まで通りでいい」

野球日本代表「侍ジャパン」は12日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦・オランダ戦(東京ドーム)に挑む。1次ラウンドを3連勝で突破。日本代表で唯一のメジャーリーガーとして参加している青木宣親外野手(アストロズ)は、第3戦の10日・中国戦を「休養」にあてて、大一番となるオランダ戦に備えた。11日の前日練習後には、メジャーリーガーを多く揃える強敵との対戦へ向けて「今まで通りでいい」と話した。

12日に2次R初戦の大一番、「いい雰囲気の中で野球ができている」

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦・オランダ戦(東京ドーム)に挑む。1次ラウンドを3連勝で突破。日本代表で唯一のメジャーリーガーとして参加している青木宣親外野手(アストロズ)は、第3戦の10日・中国戦を「休養」にあてて、大一番となるオランダ戦に備えた。11日の前日練習後には、メジャーリーガーを多く揃える強敵との対戦へ向けて「今まで通りでいい」と話した。

 青木は初戦のキューバ戦では筒香の先制打につながる二塁打を放つと、守備でも美技連発で勝利に貢献。ただ、オーストラリア戦を含めた2試合でヒットは二塁打1本のみで、初打席の後は9打席連続ノーヒット(1四球)となっていた。中国戦はベンチスタートとなり、最後まで出場機会はなし。小久保裕紀監督が「休養」を与えたことを明かしていた。

 この日は、フリー打撃後にロングティーで汗を流すなど、精力的に前日練習を行った青木。「自分の調子は悪くはないです。良くもないですけど…ぐらいの感じです。今日も良かったです。あとは試合で結果が出るように」。自身の状態をこのように表現し、3連勝と波に乗るチームの雰囲気については「練習試合のときよりは良くなっていると思います。いい状態でみんな試合に臨めていると思いますし、いい雰囲気の中で野球ができている気がするので、この調子で毎日、明日からの試合もできればと思います」と確かな手応えを示した。

人気記事ランキング