野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 侍J菊池の美技、メジャーの名手たちが続々絶賛「守備範囲の広さは驚きだ」

侍J菊池の美技、メジャーの名手たちが続々絶賛「守備範囲の広さは驚きだ」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第1戦で、延長11回の末にオランダに勝った侍ジャパン。中田の3戦連続アーチを含む3安打5打点の活躍や9投手の継投など、見どころ満載の試合となったが、その中でも海外のメディアも驚愕させたのが、二塁・菊池涼介が披露した華麗な守備だった。同時に、菊池の美技には対戦相手だったオランダが誇るメジャー屈指の内野陣からも感嘆の声が上がった。

20170312_kikuchi2

レッドソックス遊撃手は「『スポーツセンター』のトップ10入りしたかも」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第1戦で、延長11回の末にオランダに勝った侍ジャパン。中田の3戦連続アーチを含む3安打5打点の活躍や9投手の継投など、見どころ満載の試合となったが、その中でも海外のメディアも驚愕させたのが、二塁・菊池涼介が披露した華麗な守備だった。同時に、菊池の美技には対戦相手だったオランダが誇るメジャー屈指の内野陣からも感嘆の声が上がった。

侍ジャパン、菊池の美技が生んだビッグイニング 「みんなが流れに乗ってくれた」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「あれは決して簡単なプレーじゃなかった。素晴らしい動きだったね。打球は抜けたと思ったんだけど」と苦笑いするのは、7回、菊池の美技にヒットを阻まれたボガーツだ。23歳の若さながら、レッドソックスの正遊撃手としてチームを牽引。2015年は.320をマークした好打好守で知られる球宴選手だ。

 日本が1点をリードする7回1死一塁の場面で、打席に立ったボガーツは松井から痛烈なピッチャー返しを放つ。打球はセンター前に抜けると思われたが、マウンドで弾んだ打球を二塁手・菊池が横っ飛びで捕球。そのまま二塁ベースカバーに入った遊撃・坂本にグラブトスして、二塁封殺を奪った。

 テレビでは直後にオランダ遊撃シモンズが拍手を送る姿を映し出したが、センター前ヒットを二塁ゴロとされたボガーツも“脱帽”。「メジャーであのプレーが出ていたら『スポーツセンター』のトップ10に取り上げられたんじゃないかな」と話し、米スポーツ専門局「ESPN」の人気ニュース番組で紹介されても不思議はないプレーだったと絶賛した。

人気記事ランキング