野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3試合ぶり1番起用の侍・山田が先頭打者弾 “正真正銘”WBC初本塁打で先制

野球日本代表「侍ジャパン」は14日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第2戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。先頭の山田哲人内野手(ヤクルト)が先頭打者ホームランを放ち、先制に成功した。

20170314_yamada2

レフトスタンドへ運ぶソロ本塁打、1次Rではビデオ判定で「幻の本塁打」に

 野球日本代表「侍ジャパン」は14日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第2戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。先頭の山田哲人内野手(ヤクルト)が先頭打者ホームランを放ち、先制に成功した。

 日本は初回、先発・菅野が3者凡退の好スタートをきった。すると、その裏に3試合ぶりに1番で起用された山田が2ボール1ストライクから相手先発バノスのカットボールをフルスイング。高々と舞い上がった打球がレフトスタンドに飛び込んだ。史上初の2年連続トリプルスリーを達成した強打者のWBC初本塁打で日本が幸先よく1点を奪った。

 1次ラウンド初戦のキューバ戦ではレフトスタンドに大飛球を放つも、ビデオ判定で二塁打に。最前列のファンがキャッチしたボールは、フェンスを越えてないと判定され、「幻のホームラン」となっていた。同じキューバ戦で正真正銘の一発を同じレフトスタンドに叩き込んだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング