野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム大谷、復活の特大2ラン! 1軍戦初出場で今季1号「状態はまあまあ」

日本ハム・大谷翔平投手が14日、DeNA戦(札幌ドーム)に「3番・DH」で先発し、オープン戦初出場。右足首痛から1軍復帰戦となったが、6回の第3打席に特大の1号2ランを放った。

full-count18

右足首痛から「3番・DH」で1軍復帰戦、「まだ怖さはありますけど…」

 日本ハム・大谷翔平投手が14日、DeNA戦(札幌ドーム)に「3番・DH」で先発し、オープン戦初出場。右足首痛から1軍復帰戦となったが、6回の第3打席に特大の1号2ランを放った。

 6回無死一塁。フルカウントからの6球目、DeNA須田の140キロ直球をとらえると、打球は右翼席中段に飛び込む2ラン。さすがの破壊力を見せつけた。

「しっかり自分のスイングをしようと思っていました。あの状況は、反応というよりも真っ直ぐ系をケアしていました。打撃の状態はまあまあですね」と振り返った。

 大谷は右足首痛で調整が遅れ、投打で期待を集めていたWBCの出場を辞退。すでに2軍の教育リーグで復帰し、一発も放っていた。初の1軍戦出場の第1打席は空振り三振に倒れたが、4回には左越え二塁打。三塁に進むと、内野ゴロの間にスライディングも披露して本塁に生還した。

「塁に出て、走塁も確認できたことも良かったです。まだ怖さはありますけれど、(4回の)スライディングは、いけるタイミングだったので。人工芝(の球場)で試合に出たのは今季初めてでしたけれど、これからちょっとずつ、ちょっとずつ(開幕へ向けて状態を)上げていきたいです」とコメントした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング