野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

イスラエルの米124勝右腕、日本戦“二刀流”志願「打席はストレス少ない」

決勝ラウンド進出を懸け、日本、キューバ、イスラエル、オランダの4チームが火花を散らす第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンドのプールE。14日にキューバを8-6で破り、開幕5

2次ラウンド初戦キューバ戦で69球、日本戦登板はないが…

 決勝ラウンド進出を懸け、日本、キューバ、イスラエル、オランダの4チームが火花を散らす第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンドのプールE。14日にキューバを8-6で破り、開幕5連勝で2勝0敗とした侍ジャパンは、15日にイスラエルを迎え撃つ。

 WBC予選から無敗を続けてきたイスラエルだが、13日オランダ戦で2-12と大敗。15日日本戦は決勝ラウンド進出に向けて必勝となる。日本戦を前に「投手陣が制球よく、しっかりピッチングしないと」と繰り返すのはウェインスタイン監督。投手力に不安を持つイスラエルは、他チームが全28選手のうち13投手を登録する中、2人多い15投手を登録する。だが、エース格のメジャー124勝のベテラン右腕マーキーは、12日キューバ戦で69球を投げたため、大会の球数規定により日本戦には登板できず、小刻み継投が予想される。

 チームの運命を決める大一番を前に、大会規定と知りつつも、もどかしさを感じているのがマーキーだ。どんな形でもチームの役に立ちたい――。そこで監督に打診しているのが、代打出場の可能性だ。13日オランダ戦前の打撃練習では、1組目のフリー打撃に参加。バント練習はもちろん、フルスイングで柵越えを連発した。15年目のメジャー生活では5本塁打を記録。通算打率こそ.196だが、カージナルス時代の2004年には打率.292(72打数21安打)、2005年には打率.310(87打数27安打)をマークするなど、類い稀なる打撃センスを持つ。

人気記事ランキング