野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍、勝てば決勝R進出! イスラエル戦は内川が5番で初スタメン、先発は千賀

野球日本代表「侍ジャパン」は15日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第3戦でイスラエルと対戦(東京ドーム)する。19時の試合開始を前に両チームのスタメンが発表され、内川聖一内野手(ソフトバンク)が「5番・一塁」で今大会初先発することになった。内川は14日のキューバ戦で代打で決勝犠飛を放っていた。5試合連続で5番スタメンだった中田翔内野手(日本ハム)がベンチスタートとなる。

20170315_senga

鈴木が3試合ぶりにスタメン復帰、5試合連続5番の中田はベンチスタート

 野球日本代表「侍ジャパン」は15日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第3戦でイスラエルと対戦(東京ドーム)する。19時の試合開始を前に両チームのスタメンが発表され、内川聖一内野手(ソフトバンク)が「5番・一塁」で今大会初先発することになった。内川は14日のキューバ戦で代打で決勝犠飛を放っていた。5試合連続で5番スタメンだった中田翔内野手(日本ハム)がベンチスタートとなる。

 また、鈴木誠也外野手(広島)が「7番・右翼」で3試合ぶりにスタメン復帰。先発投手はソフトバンクの千賀滉大。今大会は中継ぎとして2試合に登板し、4イニングを投げて4安打無失点7奪三振。第2先発として結果を出し、重要な一戦で今大会初先発のマウンドを任されることになった。

 一方、イスラエルはここまで3試合登板で1勝2セーブ、防御率0.00の守護神ジョシュ・ザイドが先発。“奇策”で日本戦勝利を狙う。細かい継投で日本打線を抑えに来る可能性が高い。

 ここまで開幕から無傷の5連勝と好調を維持する侍ジャパン。イスラエルに勝てば2次ラウンド3連勝で決勝ラウンド進出が決定する。この日昼の試合でオランダがキューバに勝利したため、負けた場合は2勝1敗で3チームが並ぶが、当該チーム間での失点率により、4失点以内(9回で終了の場合)なら2次ラウンドの1位通過が決定。5失点以上ならオランダが2次ラウンドを1位通過し、日本は16日にイスラエルと2位通過を懸けたプレーオフに臨む。

【イスラエル】
1(中)フルド
2(三)ケリー
3(DH)デービス
4(一)フレイマン
5(右)ボレンスタイン
6(捕)ラバンウエー
7(左)ガイレン
8(ニ)クリーガー
9(遊)バーチャム
投手 ザイド

【侍ジャパン】
1(DH)山田
2(二)菊池
3(中)青木
4(左)筒香
5(一)内川
6(遊)坂本
7(右)鈴木
8(三)松田
9(捕)小林
投手 千賀
 
 【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング