野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「史上最高」のWBC 1次Rの観衆は過去最多 MLB首脳は継続開催に前向き

「史上最高」のWBC 1次Rの観衆は過去最多 MLB首脳は継続開催に前向き

第4回を迎えたワールド・ベースボール・クラシックは現在、世界の強豪国が熱戦を繰り広げている。1次ラウンドで史上最高の集客数62万1851人を記録し、WBC人気の高まりから、第5回の継続開催にMLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏が前向きな姿勢を示している。MLB公式サイトが報じている。

MLB公式サイトが特集、成功“8大要因”に「ツツゴウ」も…1次Rは34%増の観衆62万1851人

 第4回を迎えたワールド・ベースボール・クラシックは現在、世界の強豪国が熱戦を繰り広げている。1次ラウンドで史上最高の集客数62万1851人を記録し、WBC人気の高まりから、第5回の継続開催にMLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏が前向きな姿勢を示している。MLB公式サイトが報じている。

「ヨシトモ・ツツゴウ、カルロス・コレア、ライアン・ラバーンウェイ、アルフレド・デスパイネ、ジュリクソン・プロファー、ダニー・ダフィー、ネルソン・クルーズ、ミゲル・カブレラがここまでのWBC今大会の成功の8つの巨大な要因だが、もう一つ存在する。それはファンだ」

 記事では、ベネズエラ代表のタイガース主砲・カブレラ内野手、ドミニカ共和国代表のマリナーズのクルーズ外野手、プエルトリコ代表のプエルトリコのコレア内野手というメジャーのスーパースターとともに、侍ジャパンの4番・筒香嘉智も大会を盛り上げている主役の1人に選ばれている。だが、グラウンドの熱気をあおっているスタンドのファンも、大会成功の要因となっているという。

 1次ラウンドは日本・東京、韓国・ソウル、米国・マイアミ、メキシコ・ハリスコを舞台に、プールDのベネズエラとイタリアのタイブレークを含め、計25試合が行われた。前回2013年大会の1次ラウンドの観客動員数は46万3017人だったが、今回は62万1851人を記録。34%アップしたことを伝えている。

 そして、東京ドームで行われたプールBでは「大会史上最多」の動員数の20万6534人を記録、3月7日の日本対キューバ戦では1次ラウンド史上最多で、大会史上3位となる4万4908人を記録するなど、東京ラウンドではWBC人気が爆発した様子を報じている。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬