野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ラミレス高知デビューに米メディア「野球愛に疑いなし」 試合環境に驚きも

ラミレス高知デビューに米メディア「野球愛に疑いなし」 試合環境に驚きも

メジャー歴代15位の通算555本塁打を放ったマニー・ラミレス外野手が独立リーグ・四国アイランドリーグ(IL)plusの高知に入団した。伝説の強打者への歓迎ぶりが米国でも話題を呼んでいる。MLB公式動画サイト「Cut4」が伝えている。

本当に来たレジェンド、デビュー戦で二塁打「マニーの野球愛に疑いの余地はない」

 メジャー歴代15位の通算555発を放ち、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに加入したマニー・ラミレス外野手。16日のNOMOベースボールクラブ戦で実戦デビュー戦を飾ると、二塁打を含む2安打1打点と躍動した。日本のファンは、本当に来日してプレーするのかと半信半疑だったが、飽くなき情熱を高知ののどかな球場で示し、米メディアもかつてのスーパースターを称賛。「マニーの野球愛に疑いなし」と報じているのは、米地元テレビ局「CBSスポーツ」電子版だ。

 44歳のスラッガーは7日に来日。「うどんを食べた」など、一挙手一投足がメディアに報じられる“マニー・フィーバー”を巻き起こしたが、滞在10日目にして実戦に出場。レッドソックス時代の2001年に共闘した野茂英雄氏が代表理事を務めるNOMOベースボールクラブ戦で、往年の実力の片鱗を披露した。

 記事は「必見 マニー・ラミレスが日本の独立リーグのチームで1打点を記録」との見出しで特集している。

「ファイティングドッグスは最近、オープン戦の開幕を迎えた。そして、往年のように、彼は二塁打で打点を記録した。彼はメジャーリーグのキャリアでこのようなことを凄まじいほど繰り返してきた」と経歴を振り返りながら称賛。さらに、ソーシャルメディアに投稿された背番号「99」のマニーが強烈な中越え二塁打を放った動画を紹介している。

 試合は木曜日。高知・春野で平日昼間に行われたこの試合の観衆はさほど多くなく、この事実も驚きだったようだ。

「このクリップでは、四国アイランドリーグがどんなところか非常によくわかる。フィールドは素晴らしいコンディションとは言えない。外野席もなく、観衆は友人や家族のみ。大金を手にするリーグではない。そこでプレーをするのは、ベースボールを愛するゆえだ。彼の全ての過ちにも関わらず、マニーの野球愛に疑いの余地はない」と締めくくられている。

 MLBで禁止薬物使用問題で2度ペナルティを受けているスーパースターだが、日本に舞台を移してなお、新天地の挑戦は海の向こうでも大きな注目を集めている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中