野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • “戦犯”名指し、痛恨エラー、3発大暴れ…WBCを去ったNPBの新旧助っ人たち

“戦犯”名指し、痛恨エラー、3発大暴れ…WBCを去ったNPBの新旧助っ人たち

第4回WBCは2次ラウンド(R)F組が終了し、日本、オランダと4強進出2チームが決定。大会は終盤に突入しているが、今大会を振り返ると、日本でもなじみ深いNPBの新旧助っ人が数多く奮闘していた。すでに大会を去った主な選手たちを紹介する。

なじみ深い助っ人が数多く奮闘…すでに姿を消した選手は?

 第4回WBCは2次ラウンド(R)F組が終了し、日本、オランダと4強進出2チームが決定。大会は終盤に突入しているが、今大会を振り返ると、日本でもなじみ深いNPBの新旧助っ人が数多く奮闘していた。すでに大会を去った主な選手たちを紹介する。

【韓国】(A組3位=1次ラウンド敗退)

林昌勇投手(2008~12年・ヤクルト)
1試合 0勝1敗0S 1回 0奪三振 防9.00

呉昇桓投手(2014~15年・阪神)
2試合 1勝0敗0S 3回1/3 6奪三振 防0.00

李大浩内野手(2012、13年・オリックス、2014、15年・ソフトバンク)
3試合 11打数2安打0本塁打1打点 打率.182

金泰均内野手(2010、11年・ロッテ)
3試合 8打数1安打1本塁打2打点 打率.125

 まさかの1次ラウンド敗退。貧打が苦しむ要因となり、その象徴となってしまったのが、3番金泰均、4番李大浩だ。ともに打率1割台と低迷。開幕2連敗で予選敗退が決まり、指揮官から貧打の“戦犯”に指名され、ベテラン2人とってホロ苦い大会となってしまった。

【台湾】(A組4位=1次ラウンド敗退)

宋家豪投手(2016、17年・楽天)
1試合 0勝0敗0S 3回1/3 1奪三振 4失点 防10.80

チェン・グァンユウ投手(2011~14年・DeNA、2015~17年・ロッテ)
2試合 0勝0敗0S 4回 8奪三振 5失点 防11.25

郭俊麟投手(2015~17年・西武)
2試合 0勝1敗1S 1回 2奪三振 7失点 防63.00

 3人の投手陣が挑んだが、いずれも振るわない結果となってしまった。特に次回大会の本戦出場権をかけた2連敗同士の最終戦・韓国戦に先発したチェンは1回1/3で3失点KO。流れを作れず、チームも延長戦の末に敗れ、次回は予選R降格となった。

人気記事ランキング