野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 旋風イスラエル、WBC大健闘の裏の「現実」 本国と“母国”米国の温度差

旋風イスラエル、WBC大健闘の裏の「現実」 本国と“母国”米国の温度差

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)はアジアで開催された1次ラウンド、2次ラウンドが終了。日本とオランダが決勝ラウンドへの進出を決めた。アジアで開催された両ラウンドで予想外の活躍を見せたのが、イスラエルだった。韓国・ソウルでの1次ラウンド・プールAを無傷の3連勝で突破すると、2次ラウンド初戦のキューバ戦も勝って4連勝。オランダと日本に敗れ、決勝ラウンド進出はならなかったが、世界の野球界に大きなインパクトを与えたことは間違いない。

20170318_israel

関心低いイスラエル本国、2次R登録選手は全28選手が米国生まれで興ざめ

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)はアジアで開催された1次ラウンド、2次ラウンドが終了。日本とオランダが決勝ラウンドへの進出を決めた。アジアで開催された両ラウンドで予想外の活躍を見せたのが、イスラエルだった。韓国・ソウルでの1次ラウンド・プールAを無傷の3連勝で突破すると、2次ラウンド初戦のキューバ戦も勝って4連勝。オランダと日本に敗れ、決勝ラウンド進出はならなかったが、世界の野球界に大きなインパクトを与えたことは間違いない。

 チームを率いたウェインスタイン監督は「今回の結果を受け、イスラエル本国で野球に対する注目が高まればいい。野球の育成プログラムを支援する寄付などが集まれば最高。選手たちの活躍が、ユダヤ系アメリカ人の子供たちが野球を始めるきっかけになればいいし、イスラエル本国でも子供たちの目に留まれば」と話していた。

 今回、イスラエル代表として国旗のついたユニフォームに袖を通した選手の大半はユダヤ系アメリカ人。イスラエル国籍を持つ選手は1次ラウンドには投手リペツがいたが、2次ラウンドからは登録外となり、同じく投手のクレーマーも“正式な”イスラエル人だが、カリフォルニアで生まれ育ち、ドジャース傘下のマイナーに所属。それ以外はユダヤ系アメリカ人でメジャー球団や傘下マイナーチームと契約を結んでいる選手ばかりだった。

 WBCでは「パスポートを取れる資格のある選手」というのが代表になれる条件だが、この条件のためにイスラエル本国ではWBCにまったく関心が寄せられていないという。イスラエルの現地紙「ハアレツ」電子版で、前回2013年大会の予選に同行したイスラエル国籍を持つ元野球選手、ダン・ロゼム氏が痛烈な指摘をしている。

人気記事ランキング