野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J、敗戦の中にも光明 準決勝・米国戦へカギ握る救援陣の存在

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で4大会連続で4強入りした野球日本代表「侍ジャパン」は米国入り後の練習試合2戦で連敗し、アメリカ代表との準決勝(21日・日本時間22日、ドジャー・スタジアム)を迎えることになった。19日(日本時間20日)にアリゾナ州グレンデールで行ったドジャースとの練習試合は2-3と逆転サヨナラ負け。9回にマウンドに上がった松井が1安打2四球で逆転を許した場面は課題が残ったが、収穫もあった。8回までリードを守った救援陣の存在だ。

カブス、ドジャースに連敗となった侍J

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で4大会連続で4強入りした野球日本代表「侍ジャパン」は米国入り後の練習試合2戦で連敗し、アメリカ代表との準決勝(21日・日本時間22日、ドジャー・スタジアム)を迎えることになった。19日(日本時間20日)にアリゾナ州グレンデールで行ったドジャースとの練習試合は2-3と逆転サヨナラ負け。9回にマウンドに上がった松井が1安打2四球で逆転を許した場面は課題が残ったが、収穫もあった。8回までリードを守った救援陣の存在だ。

 この日は先発の武田が4回5安打1四球2奪三振で1失点と粘りの投球。その後、5回は岡田、6回は秋吉、7回は平野、8回は牧田が無失点リレーを見せた。この救援4投手で被安打2、四球1、奪三振4という内容。前日のカブス戦も先発の藤浪が4回3失点を喫するなど計6失点で競り負けたが、終盤に登板した宮西、則本は零封。特に宮西はカブスの名将マドン監督からも高評価を得ていた。

 この日、1安打2奪三振と上々の投球を見せた平野は「久々のこんなに暑い日の登板だったので、少し面食らったところもありましたけど、しっかりゼロに抑えられたのでよかったと思います」と手応えを口にし、「この球場が次にやる球場と結構一緒だということも聞いたので、しっかりマウンドがどんななのかというのを確かめられて、こういう感じなのかと分かったのが良かったと思います」と収穫を挙げた。

 マウンドについては日本でも対策を練ってきたが、実際に投げてみると感触の違いを感じたようで、「結構硬いですね、やっぱり。あとは傾斜というか。左足が付くタイミングが東京(ドーム)よりも遅いというか、それくらい傾斜が急になっているなというのが、投げていて思ったところがあるので、そういうのがわかったのは良かったと思います」と振り返った。

人気記事ランキング