野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 4強入りオランダ「要注意」打者に主砲バレンティン 「MLB強打者上回る存在」

4強入りオランダ「要注意」打者に主砲バレンティン 「MLB強打者上回る存在」

20日(日本時間21日)の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝第1戦、プエルトリコ-オランダ戦(ドジャー・スタジアム)を前に、オランダの主砲ウラディミール・バレンティンに注目が集まっている。MLB公式サイトが伝えている。

21日の準決勝に登場の蘭、バレンティンに熱視線「最も生産性高い打者」

 20日(日本時間21日)の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝第1戦、プエルトリコ-オランダ戦(ドジャー・スタジアム)を前に、オランダの主砲ウラディミール・バレンティンに注目が集まっている。MLB公式サイトが伝えている。

 モリーナやベルトラン、コレア、リンドアといったメジャートップ選手を擁するプエルトリコはここまで無傷の6連勝をマークし、“死の組”と言われた2次ラウンドF組を1位で突破。一方、内野陣にメジャーの若手有望株を揃えるオランダは侍ジャパンに次ぐ2次ラウンドE組2位で準決勝に進出した。

 MLB公式サイトでは両者が激突する準決勝を前に注目ポイントを特集。「ウラディミール・バレンティンとオランダの“ハイオク”打線を止められる存在がいるのか」と問いかけ、「バレンティンに要注意」と熱視線を送っている。

 ヤクルトに所属する32歳の強打者はここまでオランダ打線を牽引。6試合に出場し、22打数13安打、3本塁打、10打点、打率.591、出塁率.654、OPS1.654と驚異の数字を残し、2次ラウンドではMVPにも選出された。プロファー、グリゴリアス、J・スクープ、シモンズ、ボガーツといった好打者がひしめく中、打率、本塁打、打点ともにチームトップ。記事でも「バレンティンはここまで最も生産性の高い打者であり、ミゲル・カブレラ、ノーラン・アレナド、ロビンソン・カノといった存在も上回っていることを実感しなければならない」と、各国が擁するメジャートップクラスの強打者をしのぐ打力を見せていることを指摘している。

人気記事ランキング