野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

4強入り侍、米専門家分析「日本は今までと違う」、千賀は「突如現れたスター」

MLBの専門テレビ局「MLBネットワーク」が第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の東京ラウンドから勝ち上がった日本とオランダの2か国を特集し、侍ジャパンの注目選手として山田哲人内野手、筒香嘉智外野手、千賀滉大投手の3選手を挙げている。

20170320_senga

注目選手に3人、山田は「将来メジャーに来ると考えるスカウトもいる」

 MLBの専門テレビ局「MLBネットワーク」が第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の東京ラウンドから勝ち上がった日本とオランダの2か国を特集し、侍ジャパンの注目選手として山田哲人内野手、筒香嘉智外野手、千賀滉大投手の3選手を挙げている。

 WBC準決勝を前に同局が放送した番組「MLBトゥナイト」の中で、専門家が2か国の戦力を分析。同局で解説者を務めるティム・フラナリー氏は4大会連続で4強まで勝ち上がった侍ジャパンについて「みなさんが考える日本のチームとは異なっています。普段ならば、出塁したらバントなどをしていました。これが我々がWBCで見てきたことです。しかし、彼らはパワーヒッターです。彼らにはリードオフヒッターがいます。ヤマダは昨年38本塁打を放ちました。彼はリードオフヒッターですよ」とこれまでの日本とは違う印象を受けていることを明かした。

 司会を務めるグレッグ・アムシンガー氏は真っ先に山田に言及。「彼は24歳です。これが昨年の成績です。打率.304、38本塁打、30盗塁。パワーとスピードを兼ね備えています。いつの日か、彼はメジャーに来ると考えるスカウトもいます」と紹介すると、解説者のデイヴ・ヴァッレ氏は4番を務める筒香に注目していることを明かし、「昨年、セントラルリーグで44本塁打を放ちました。強大なパワーを持つ選手です」と高く評価した。

人気記事ランキング