野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • バエスが“曲芸走塁” HR以外でWBC史上初めてビデオリプレーの末に判定覆る

バエスが“曲芸走塁” HR以外でWBC史上初めてビデオリプレーの末に判定覆る

ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ-プエルトリコ戦で本塁打判定以外のビデオリプレーで大会史上初めて判定が覆った。

2分7秒のビデオリプレーで判定覆るも、後続が倒れて得点にはつながらず

 ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ-プエルトリコ戦で本塁打判定以外のビデオリプレーで大会史上初めて判定が覆った。

 プエルトリコは4回裏、無死一、二塁からロサリオがバントも、モリーナが三塁で刺されて1死一、二塁に。続くリベラの打席で、二塁走者のバエスが三盗を試みた。判定はアウト。しかし、バエスがスライディングしながらボガーツのタッチをかわしており、この試合2度目のビデオ判定となった。

 タイミングは完全にアウトだったが、バエスの“曲芸走塁”で2分7秒のビデオリプレーの末に判定が覆り、セーフに。しかし、後続が倒れて得点には繋がらなかった。

 MLBと同じ形で行われる本塁打判定以外でのビデオリプレーは、今大会の準決勝から導入。4回表にもオランダの攻撃で大会史上初めてビデオリプレーが導入されたが、判定は覆らなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中