野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

正捕手に急成長した侍・小林、米メディアも称賛「グッジョブ、コバヤシ」

野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝(ドジャースタジアム)で米国と対戦。1-2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退に終わった。小林誠司捕手(巨人)は今大会、7試合すべてスタメンマスクをかぶり、正捕手に急成長。米国戦も攻守で奮闘した27歳を、米メディアが称えている。

侍の“穴”埋めた小林、攻守で奮闘…米国戦実況で米283勝投手「まさに捕手らしい

 野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝(ドジャースタジアム)で米国と対戦。1-2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退に終わった。小林誠司捕手(巨人)は今大会、7試合すべてスタメンマスクをかぶり、正捕手に急成長。米国戦も攻守で奮闘した27歳を、米メディアが称えている。

 捕手としては決して大きくはない体を張り、小林が米国と渡り合った。巨人でもコンビを組む菅野とのバッテリーで投手戦を演出。フォークを武器とする2番手・千賀も含め、再三のワンバウンドも懸命に受け止めた。

 米国でこの一戦を放送した「MLB NETWORK」の解説者で務めたメジャー通算283勝の元名投手、ジム・カート氏は中継の中で小林を奮闘を称賛している。

 4回のアレナドの打席でワンバウンドをブロックしたシーンは「ナイスブロック。打者としてより捕手としての能力で知られている彼ですが、見てください、決してボールを掴みにいかず、しっかりブロックして前に落としました」と解説し、「グッジョブです、コバヤシ」と体を張ったプレーを称えた。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬