野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 米国キンズラーが先制2ラン! プエルトリコと決勝、どちらが勝ってもWBC初優勝

米国キンズラーが先制2ラン! プエルトリコと決勝、どちらが勝ってもWBC初優勝

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が22日(日本時間23日)にドジャースタジアムで行われ、ともに初優勝を目指す米国とプエルトリコが対戦。3回に米国が1番イアン・キンズラー(タイガース)の2ランで先制した。

待望の先制弾に場内から大きな「USAコール」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が22日(日本時間23日)にドジャースタジアムで行われ、ともに初優勝を目指す米国とプエルトリコが対戦。3回に米国が1番イアン・キンズラー(タイガース)の2ランで先制した。

 0-0で迎えた3回。米国はプエルトリコの先発ルーゴから先頭ルクロイがセンター前ヒットで出塁。続くキンズラーは1ストライクから91マイル(約147キロ)の速球をフルスイング。センターのヘルナンデスが必死に飛びついたが及ばず、フェンスを越えた。

 待望の先制弾に場内からは盛大な「USAコール」。所属チームでも主に1番を務めながら、レンジャーズ時代の09年に31本、11年に32本の本塁打をマークしている強打者の一発で、米国が悲願の初優勝に向けて先手を取った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング