野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • 米国で侍・千賀のMLB挑戦“待望論”!? 筒香にも「複数球団が興味示すだろう」

米国で侍・千賀のMLB挑戦“待望論”!? 筒香にも「複数球団が興味示すだろう」

野球日本代表「侍ジャパン」は、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会連続のベスト4に終わった。開幕から6戦全勝で挑んだ準決勝では米国に1-2で惜敗。2大会ぶりの世界一には届かなかったものの、小久保裕紀監督率いる日本は激戦の連続でインパクトを残し、随所で輝きを見せた。米スポーツサイト「ブリーチャーズ・レポート」は、今回のWBCで活躍を見せた「メジャーリーグに注目されてこなかった選手たち」を特集。侍ジャパンからも2選手が選出されている。

米サイト特集の「WBCで日の目を浴びた」選手に侍から2人が選出

 野球日本代表「侍ジャパン」は、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会連続のベスト4に終わった。開幕から6戦全勝で挑んだ準決勝では米国に1-2で惜敗。2大会ぶりの世界一には届かなかったものの、小久保裕紀監督率いる日本は激戦の連続でインパクトを残し、随所で輝きを見せた。米スポーツサイト「ブリーチャーズ・レポート」は、今回のWBCで活躍を見せた「メジャーリーグに注目されてこなかった選手たち」を特集。侍ジャパンからも2選手が選出されている。

 今回のWBCは、メジャーのスター選手が集結した米国の初優勝という形で幕を閉じた。2大会連続準Vのプエルトリコも、メジャーで実績のあるベテランと若手のスーパースター候補をミックスさせた好チームで、ベスト4に残ったチームではオランダも内野にメジャーのスター選手を揃えた。ただ、オランダではヤクルトの主砲ウラディミール・バレンティン外野手が4番として驚異的な活躍で打線を牽引し、青木宣親外野手(アストロズ)以外は国内組というメンバー構成で臨んだ日本の強さも光った。

 記事では「興味深いことに、今大会ではメジャーリーグに注目されてこなかった選手たちの活躍があった」として、「WBCで日の目を浴びた」プレーヤーの名前を紹介。「覚えておいてほしい。これはMLB中心の見方で書かれている。何人かは他の場所で有名な選手だ。しかし、アメリカにいるカジュアルなファンにとっては違う」と、あくまで米国での“知名度”をもとにした選出であるとの注釈を付け、10人を列挙している。

 日本代表からまず名前が挙がっているのが、チームから唯一のベストナイン選出となった千賀滉大投手だ。米国戦では不運な形で失点し、敗戦投手になったものの、2イニングで4者連続を含む5奪三振をマーク。4試合に登板して1勝1敗、防御率0.82、トップタイの16三振を奪った。

人気記事ランキング