野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

WBC躍動のソフトBデスパイネ、“お得意様”の新天地でも大暴れなるか

2月11日、昨年まで千葉ロッテで3年間プレーしていたアルフレド・デスパイネ外野手の福岡ソフトバンクへの入団が発表された。V奪回が今季の至上命題となる福岡ソフトバンクにとっては、心強いニュースとなった。内川聖一内野手、柳田悠岐外野手、松田宣浩外野手、中村晃外野手、長谷川勇也外野手、新外国人のカイル・ジェンセン内野手に加えてデスパイネ外野手とリーグ屈指の強力打線が予想される。まさに「昨日の敵は今日の友」という形だ。

ロッテから移籍、ソフトバンク戦は昨季10発「昨日の敵は今日の友」

 2月11日、昨年まで千葉ロッテで3年間プレーしていたアルフレド・デスパイネ外野手の福岡ソフトバンクへの入団が発表された。V奪回が今季の至上命題となる福岡ソフトバンクにとっては、心強いニュースとなった。内川聖一内野手、柳田悠岐外野手、松田宣浩外野手、中村晃外野手、長谷川勇也外野手、新外国人のカイル・ジェンセン内野手に加えてデスパイネ外野手とリーグ屈指の強力打線が予想される。まさに「昨日の敵は今日の友」という形だ。

 逆に千葉ロッテにとって、デスパイネの抜けた穴は大きい。昨年はチーム不動の4番打者として自身初の規定打席に到達し、チームトップの24本塁打、92打点とその存在感を発揮した。中でも本塁打は際立っており、チーム本塁打の80本塁打中、1/4ほどがデスパイネだっただけに、長距離打者として入団したマット・ダフィー内野手、ジミー・パラデス内野手の両外国人の活躍が期待される。

 福岡ソフトバンクにとって、デスパイネの加入は非常に心強い。昨年のデスパイネの打撃データを見ると、球団別成績で対福岡ソフトバンク戦は打率.233。打率こそ低いが、本塁打数は球団別で一番多い10本塁打だ。さらに福岡ソフトバンクの本拠地・ヤフオクドームでの成績は45打数14安打の打率.311。本塁打は8本と福岡ソフトバンク戦での10本塁打中、8本塁打がヤフオクドームで放ったものだった。

 しかもヤフオクドームでの11試合で、ノーヒットに終わったのは5月10日の試合のみ。中でも8月26日の試合では3対11、翌27日の試合では3対14と大敗する中でデスパイネ選手は26日に相手先発・和田投手から2本塁打、27日も4回に千賀滉大投手から本塁打と孤軍奮闘した。昨年のヤフオクドームでは長打率.889(シーズンは.480)。OPSは1.229(同.841)と抜群の相性を見せている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」