野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

7回無安打零封快投も…ソフトB松坂、摂津と共に開幕ローテ落ち決定

ソフトバンクの松坂大輔投手が25日、オープン戦最後の登板で7回ノーヒットの快投を演じた。18日の西武戦(メットライフ)で4回途中に右内転筋に張りを訴えて途中降板していた右腕だが、幸いにも症状は軽く、中6日で広島戦に先発。7回まで投げ、許した走者は四球で出した2人だけ。三塁すら踏ませない投球に「結果も内容も求めらている中で、最後の最後でいい形、いい内容になって良かった」と納得の表情を浮かべた。

松坂好感触、工藤監督高評価も…倉野投手コーチ明かす「外れたと伝えました」

 ソフトバンクの松坂大輔投手が25日、オープン戦最後の登板で7回ノーヒットの快投を演じた。18日の西武戦(メットライフ)で4回途中に右内転筋に張りを訴えて途中降板していた右腕だが、幸いにも症状は軽く、中6日で広島戦に先発。7回まで投げ、許した走者は四球で出した2人だけ。三塁すら踏ませない投球に「結果も内容も求めらている中で、最後の最後でいい形、いい内容になって良かった」と納得の表情を浮かべた。

「前回途中降板してしまったけど、いいキッカケになりそうなボールがあった。それを数多く出せたらいいなと思っていた」

 注目の立ち上がり。この日は前回の西武戦同様、ノーワインドアップでの投球でスタートさせた。初回、先頭の安倍は125キロのチェンジアップで中飛。続く小窪は120キロのスライダーで左飛。丸には3ボール2ストライクから四球を与えたが、新井への3球目、盗塁を狙った丸を鶴岡が刺し、結果的に3人で切り抜けた。

 2回は危なげなく三者凡退に切った。2死からはエルドレッドをこの日最速となる高めへの142キロのストレートで空振り三振を奪った。3回は先頭のペーニャに、いきなりストレートの四球を与えて走者を背負ったが、石原を三ゴロ、投手の岡田を中飛、安倍を三ゴロと後続を抑えた。

「3回くらいからテンポが良くなったと思う。なんとなく、ちょっと真ん中寄りにした方が投げやすいかなと。ゲームで投げている中で、コントロールしやすかった」

人気記事ランキング