野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • “サバイバル”は至難の業…日本球界に順応できたパ助っ人は?

“サバイバル”は至難の業…日本球界に順応できたパ助っ人は?

一握りの外国人選手たちは、日本のスタイルに順応していくことで、日本球界で長くプレーする機会を得る。今回は2017年シーズンもパ・リーグで躍動するであろう外国人選手たちをご紹介していきたい。

20170327_weeler

主力級の活躍が求められる外国人選手たち

 日本プロ野球の世界において、外国人選手は常に厳しい立場に立たされている。来日するや否や、異文化への適応もままならない中で主力級の活躍を期待され、シーズンを通しての結果が求められる。その上、1軍に登録できる外国人選手は最大4人までであり、多くの外国人選手が在籍するチームでは活躍するチャンスそのものを得ることすらも難しい。そしてチームの中心として機能できなければ、多くの場合は彼らに翌年のチャンスが巡ってくることはない。

 しかし一握りの外国人選手たちは、日本のスタイルに順応していくことで、日本球界で長くプレーする機会を得る。今回は2017年シーズンもパ・リーグで躍動するであろう外国人選手たちをご紹介していきたい。

 まずは楽天のウィーラー選手。2015年に来日した当初は「内外野どこでも守れる」「田中将大投手(現・ヤンキース)の元同僚」といった触れ込みでやってきたが、開幕から打撃面での苦戦を強いられた。開幕戦の3月27日こそいきなりホームランを放ったが、以降8月の半ば頃まで打率が2割を下回る結果に。期待された長打力の面でも、8月までで6本塁打にとどまった。

 しかし9月に入ると、人が変わったかのようなバッティングを披露し始める。同1日のオリックス戦から6試合連続でヒットを放つと、9月だけで8月までの通算を上回る7本塁打。10月もわずか6試合ではあるが打率.435、9打点を記録し、見事翌年の契約を勝ち取った。

人気記事ランキング