野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「史上最高ワールドチーム」、イチローがスタメン入り MLB公式サイト特集

「史上最高ワールドチーム」、イチローがスタメン入り MLB公式サイト特集

アメリカの初優勝で幕を閉じた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。侍ジャパンはそのアメリカに準決勝で敗れ、2大会連続で4強敗退となった。今大会はこれまで以上に各国代表が輝きを放ち、白熱した試合を展開。本大会初出場ながら全勝で1次ラウンドを突破したイスラエルをはじめ、多くのチーム、選手がファンを魅了した。

20170327_ichiro2

WBC期間中にMLB公式サイトが特集、「史上最高ワールドチーム」25人選出

 アメリカの初優勝で幕を閉じた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。侍ジャパンはそのアメリカに準決勝で敗れ、2大会連続で4強敗退となった。今大会はこれまで以上に各国代表が輝きを放ち、白熱した試合を展開。本大会初出場ながら全勝で1次ラウンドを突破したイスラエルをはじめ、多くのチーム、選手がファンを魅了した。

侍ジャパンさらなる進化へ 走塁のスペシャリスト・鈴木尚広氏が提言する「走る日本野球」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 その大会期間中にMLB公式サイトが「25選手、25か国:野球史上最高のワールドチーム」と題して各国、地域からポジションごとに歴代の最高選手を選出する企画を実施。史上最高のチームを選抜した。

 その中で日本から唯一選出されたのはマーリンズでプレーするイチロー外野手だ。

 メジャーで16シーズンをプレーしたベテラン外野手はマリナーズ時代の渡米1年目でMVPと新人王を同時受賞するなど際立った活躍を見せ、その後、10年連続で200安打以上をマーク。同じく10年連続オールスター出場、ゴールドグラブ賞受賞という偉業を成し遂げた。昨季は史上30人目の3000安打に到達。43歳となった今も現役を続けており、今季メジャー17年目を迎えている。

 そんなベテランは右翼手として「史上最高のワールドチーム」に選出。今回の特集を執筆したMLB公式サイトのコラムニスト、ジョー・ポスナンスキー氏は寸評で「このチームの右翼手候補はたくさんいる。私はルースを愛している……もしくはクレメンテ、ハンク・アーロンを。しかしイチローはMLB史上、ずば抜けて優れた日本人選手だ。そして私は彼を打線のトップに置くことにワクワクしている」と評している。

人気記事ランキング