野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 報徳学園・永田監督、鬼の名将はなぜ「早すぎる勇退」を決断したのか

報徳学園・永田監督、鬼の名将はなぜ「早すぎる勇退」を決断したのか

第89回選抜高校野球大会は30日、準決勝が行われ、報徳学園(兵庫)が履正社(大阪)に4-6で逆転負け。今大会限りで勇退を表明していた名将・永田裕治監督(53)は、15年ぶりの優勝まであと2勝で最後の甲子園を終えた。突然の「勇退劇」だった。1月27日。3年ぶり21度目の選抜出場を決めた日、吉報の後で自らの勇退を明かした。50代。指導者として老け込む年齢ではない。数々の名選手を育ててきた名将の早すぎる決断に、高校球界が揺れた。

準決敗退も驚異の粘り、1月に退任表明の指揮官「報徳の野球は最後まで諦めない」

 第89回選抜高校野球大会は30日、準決勝が行われ、報徳学園(兵庫)が履正社(大阪)に4-6で逆転負け。今大会限りで勇退を表明していた名将・永田裕治監督(53)は、15年ぶりの優勝まであと2勝で最後の甲子園を終えた。

 名門の意地を見せた。2回まで2点を先行されながら、3回に追いつき、6回に勝ち越し。1点リードの9回は1死から4点を奪われ、逆転を許した。3点差、万事休す――。誰もがそう思ったが、その裏に1点を返し、なお1死一、三塁。一発で逆転というところまで迫った。最後は併殺であと一歩及ばなかったが、かつて「逆転の報徳」と呼ばれた名門の底力を存分に発揮した。

「報徳の野球は最後まで絶対に諦めない。それから全員野球。これからも同じ方向を向かっていってほしい。レギュラーになれないからとかじゃなくて、ね。芯を持ってやっていってほしい」

 何度も喜びの声を発したお立ち台に立つと、永田監督は最後まで粘り抜いた教え子を温かくねぎらった。

 突然の「勇退劇」だった。1月27日。3年ぶり21度目の選抜出場を決めた日、吉報の後で自らの勇退を明かした。50代。指導者として老け込む年齢ではない。数々の名選手を育ててきた名将の早すぎる決断に、高校球界が揺れた。

人気記事ランキング