野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテは開幕白星逃す 伊東監督「予想した展開」も…「しょうがない」

ロッテが、開幕白星を逃した。ソフトバンク戦は7回に待望の先制点を奪いながら、1-3で逆転負け。伊東勤監督は「予想した展開になった。涌井もいい投球をしてくれた。点は取れなかったけど、内容は悪くなかった。あと1本が出ないのは、公式戦になると、あること」と振り返った。

ソフトBに逆転負け、「あと1本が出ないのは公式戦になると、あること」

 ロッテが、開幕白星を逃した。ソフトバンク戦は7回に待望の先制点を奪いながら、1-3で逆転負け。伊東勤監督は「予想した展開になった。涌井もいい投球をしてくれた。点は取れなかったけど、内容は悪くなかった。あと1本が出ないのは、公式戦になると、あること」と振り返った。

 6回までソフトバンク先発の和田の前にわずか1安打と打線が沈黙。それでも、エース涌井が6回まで無失点の好投でしのぐと、7回に先制に成功。角中、新助っ人のパラデスの連打でチャンスを作り、1死一、二塁から、こちらも新外国人のダフィーが中前適時打を放って、均衡を破った。

 だが、その直後にエース涌井が1死一、二塁から松田に中前適時打を浴びて同点。8回に安打と犠打で1死二塁となると、右腕は無念の降板。代わった松永が本多に中前へ勝ち越し適時打、柳田に左犠飛を許し、リードを奪われた。

 打線も7回の1点のみに終わり、逃げ切られた。指揮官は「外国人にもヒットが出たし、1、2番は機能しなかったけど、しょうがないです。負けましたけど、明日から切り替えてやるしかない」と前を向いていた。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング