野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島、初回に「タナキクマル」の3連打で2点先制 菊池&丸がタイムリー

広島の菊池涼介内野手が2日、阪神戦(マツダスタジアム)で先制打を放った。

先頭・田中のヒットを皮切りに2点を先制

 広島の菊池涼介内野手が2日、阪神戦(マツダスタジアム)で先制打を放った。

 初回、先頭の田中がレフト前ヒットで出塁。菊池はカウント2-2から能見のフォークをレフト線へ運んだ。高山が打球処理にもたつく間に、田中が一気に生還。先制に成功した。

 さらに、続く丸も初球の直球を捉え、ライト前に運ぶ。菊池が生還。「タナキクマル」の3連打で広島があっという間に2点を先制した。

 新井が四球を選び、なおも無死一、二塁のチャンスだったが、鈴木は空振り三振。エルドレッドは遊ゴロ併殺打に倒れ、3点目を奪うことはできなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」