野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹との無敗対決を制した楽天 球団初の開幕5連勝なるか

本拠地の声援を一身に受け、エースが躍動した。楽天・則本昂大投手が4日、Koboパーク宮城で行われた福岡ソフトバンク戦に先発し、6回1失点で今季初勝利。2009年以来、球団最多タイの4連勝を飾り、リーグ単独首位に躍り出た。

エース則本が開幕4連勝導く力投「心強い打撃陣が援護をしてくれた」

 本拠地の声援を一身に受け、エースが躍動した。楽天・則本昂大投手が4日、Koboパーク宮城で行われた福岡ソフトバンク戦に先発し、6回1失点で今季初勝利。2009年以来、球団最多タイの4連勝を飾り、リーグ単独首位に躍り出た。

 負けなしの3連勝同士の対決。しかも楽天の本拠地開幕戦、先発はWBC帰りの則本投手対千賀投手という好カードとあって、球場には2万6162人(満員)のファンが詰めかけた。

 エースの則本に、WBCで大活躍を果たした千賀。息詰まる投手戦が予想されたが、好調の楽天打線が相手右腕のペースを狂わせた。3回2死三塁、ペゲーロの打席、千賀の5球目が暴投となった間に、三走の藤田が猛ダッシュ。ヘッドスライディングで見事に先制点をもぎ取った。

 さらに4回、聖澤、嶋の適時打で2点を追加すると、2死一、三塁で茂木が右翼席へ3ラン。「心強い打撃陣が援護をしてくれました」と則本もうなる猛攻で、千賀から7点をもぎ取った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中