野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ主将・鈴木の逆転2ランで今季初勝利! 終盤5得点で開幕4連敗止める

パ・リーグ唯一開幕4連敗していたロッテが5日、本拠地での日本ハム戦に7-6で勝利し、今季初白星を飾った。主将・鈴木の逆転2ランでシーソーゲームを制し、地元ファンに待望の1勝目をプレゼントした。

侍左腕・宮西から逆転弾、5試合連続安打の井上は先制点演出

 パ・リーグ唯一開幕4連敗していたロッテが5日、本拠地での日本ハム戦に7-6で勝利し、今季初白星を飾った。主将・鈴木の逆転2ランでシーソーゲームを制し、地元ファンに待望の1勝目をプレゼントした。

 ロッテ先発スタンリッジは制球が定まらず、2回に先制を許してしまう。2回裏に打線が奮起。主将・鈴木から始まる4連打で2点を挙げて逆転。だが、直後の3回表に2点を献上して再逆転、4回にも2点を追加され、試合中盤ながら早くも敗戦ムードが漂った。

 だが、4点を追う6回に、それまで好投を続けた日本ハム先発・加藤を捉えた。先頭・角中が中前打で出塁すると、続く清田がレフトへタイムリー二塁打。パラデス、鈴木が敵失で出塁し、無死満塁の絶好機。1死後に2番手・谷元から井上が押し出し四球を選んで、さら1点を追加すると、2死満塁から代打・井口が押し出し四球。この回3点を挙げて1点差まで詰め寄った。

 そして、1点を追う7回。マウンドに上がった侍リリーバー宮西からパラデスが四球を選んで2死一塁としたところで、続く鈴木がフルカウントから7球目スライダーを振り抜き、右翼席へ飛び込む逆転2ランとした。

 最後は大谷、益田が無失点リレー。開幕5戦目にして待望の初勝利を飾った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中