野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神が“超人”糸井の3試合連続弾で4連敗阻止 秋山が7回途中1失点の好投

阪神が5日、京セラドームでのヤクルト戦に4-1で勝利し、連敗を「4」で止めた。均衡した試合に終止符を打ったのは、新戦力・糸井嘉男外野手の3戦連続弾だった。

オリックス

新戦力の糸井が好スタート、5戦を終えて打率は驚異の.467

 阪神が5日、京セラドームでのヤクルト戦に4-1で勝利し、連敗を「4」で止めた。均衡した試合に終止符を打ったのは、新戦力・糸井嘉男外野手の3戦連続弾だった。

 この日は阪神・秋山、ヤクルト・山中の両先発が力投。6回終了まで両者共に1点を失う展開で、試合は膠着状態が続いた。

 秋山は7回に先頭・雄平に左翼へのヒット、続く畠山に四球を与えたところで降板。だが、2番手・桑原が送りバントで1死二、三塁とするも無失点で切り抜ける好救援をした。

 すると、直後の攻撃で打線が目覚めた。ヤクルト2番手のルーキから先頭梅野がセンターへの安打で出塁すると、2死から上本が四球を選んで一、二塁。ここで打席に立った糸井は1ボールの2球目速球を強振。打球は勢いよく右翼スタンドへ飛び込む勝ち越し3ランにとなった。糸井はこの日も2安打で、開幕5戦を終えての打率は驚異の.467となった。

 糸井の3試合連続弾でリードを奪った阪神は、マテオ→ドリスとつないで勝利。ドリスは今季初セーブを挙げた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング