野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 米人気男性誌がイチローを異例の特集「脇役に回りながら輝きを失わない」

米人気男性誌がイチローを異例の特集「脇役に回りながら輝きを失わない」

メジャー17年目のシーズンを迎えたマーリンズのイチロー外野手。開幕2戦目だった5日(日本時間6日)敵地ナショナルズ戦で代打出場し、球団の最年長出場選手記録を更新した。今季もさまざまな記録の更新が期待される“レジェンド”について、アメリカの男性雑誌が異例の特集を行なっている。

米人気男性誌「エスクワイア」が日本の“レジェンド”を絶賛

 メジャー17年目のシーズンを迎えたマーリンズのイチロー外野手。開幕2戦目だった5日(日本時間6日)敵地ナショナルズ戦で代打出場し、球団の最年長出場選手記録を更新した。今季もさまざまな記録の更新が期待される“レジェンド”について、アメリカの男性雑誌が異例の特集を行なっている。

「イチロー・スズキ:調査ファイル」というタイトルで特集したのは、米人気男性誌「エスクワイア」電子版。1933年にシカゴで創刊された世界初の男性誌が開幕に合わせて特集したは、日本の誇るレジェンドだった。

 特集の冒頭では、第4の外野手としてチームに尽くすイチローを「スター選手がそのスポーツの中心に留まろう醜態を晒す年齢で、日本のMVPは驚くべき行動を取った。脇役に回りながら、輝きを失わずにいる」と紹介。日本の誇る安打製造機は、米国のスポーツ史上でも稀有な転身に成功したようだ。

 記事では、最近引退したスポーツ界のヒーローに注目している。NBAスターのコービー・ブライアントは「去り際を見極められず」、ヤンキースの元主将デレク・ジーターは「先発選手以外にはなれなかったために去った」とし、将来は殿堂入り確実と言われるスーパースターながらも「パートタイム役を受け入れる気まずさをも避けなかった」イチローと比較。メジャー17年目、43歳を迎えてもなお現役であり続ける姿を称えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」