野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテドラ1佐々木、プロ初登板初先発で初勝利! 斎藤佑との投げ合い制す

ロッテの佐々木千隼投手が6日、本拠地での日本ハム戦(QVCマリン)でプロ初登板初先発し、5回3安打1失点5奪三振6四球で初勝利を挙げた。打線は井上が4打点を挙げる活躍。佐々木は、5回0/3を6安打3失点2奪三振2四球の日本ハム斎藤佑との投げ合いを制す形となった。斎藤佑は今季初黒星を喫した。

日ハム斎藤佑との投げ合い制す、ロッテは井上が4打点の活躍

 ロッテの佐々木千隼投手が6日、本拠地での日本ハム戦(QVCマリン)でプロ初登板初先発し、5回3安打1失点5奪三振6四球で初勝利を挙げた。打線は井上が4打点を挙げる活躍。佐々木は、5回0/3を6安打3失点2奪三振2四球の日本ハム斎藤佑との投げ合いを制す形となった。斎藤佑は今季初黒星を喫した。

 佐々木は初回、先頭西川を空振り三振に仕留める上々のスタート。大谷にはストレートの四球を与えるも、近藤を併殺に仕留めて3人で攻撃を終わらせた。2回も先頭から2連続四球を与えながら、後続を断って無失点。すると、打線はその裏に井上のタイムリーで斎藤佑から先制点をもぎ取った。

 しかし、佐々木は3回も1死から中島に四球。暴投で二塁に進めると、西川に同点打を浴びた。さらに、西川にも二盗を許したが、大谷を中飛、近藤を一ゴロに打ち取り、勝ち越し点は与えない。4回は先頭・中田にセンター前ヒットを浴び、2死としてからレアードは歩かせて一、二塁としたものの、市川は三ゴロに打ち取った。

 その裏、ロッテは井上のタイムリーツーベースで勝ち越し。1点のリードをもらった佐々木は5回、先頭の中島卓にセンター前ヒットを許し、二盗を決められる。それでも、西川、大谷を連続三振。近藤は四球で一、二塁となり、中田も空振り三振。ピンチを切り抜けた。

 5回までに97球を要した佐々木は、ここで降板。すると、ロッテ打線は6回に井上のこの試合3本目のタイムリーなどで3点を奪取。ロッテは6回を有吉、7回を大谷、8回を内、9回は益田とつないで、5-1で勝利。佐々木に嬉しいプロ初勝利がついた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング