野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島ドラ1加藤、プロ初登板で7回まで無安打無失点継続 味方も好守連発

広島のドラフト1位ルーキー加藤拓也投手が7日の本拠地ヤクルト戦で7回まで無安打無失点の力投を続けている。

7回まで6四球も粘投

 広島のドラフト1位ルーキー加藤拓也投手が7日の本拠地ヤクルト戦で7回まで無安打無失点の力投を続けている。

 プロ初先発登板に臨んだ加藤は初回を3者凡退に仕留めると、その後は四球を出すものの要所を締める粘りのピッチング。2回と3回に2四球、4回にも四球を出したが、安打を許さず無失点で切り抜けた。

 5回を3者凡退に仕留めると、6回には先頭の坂口に四球を与えたものの、山田を空振り三振に。坂口にも二盗を許さず、2死とすると、さらにバレンティンの当たりに三塁・小窪が横っ飛びでグラブで弾き、ショートの田中がすかさず捕球して一塁へ。送球はわずかに逸れたものの、間一髪でアウトに仕留めた。

 7回2死の場面でも中村の強い打球に小窪が好守を見せてアウトに。打線も3回までに3点を挙げて、広島が3-0とリードしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング